「 通信講座 」一覧

保育士の資格取得の学校

保育士の資格を取るには専門的な勉強が必要になります。ここでは、学校へ入学し、資格取得をめざす方法についてまとめてみます。

 

◎保育士養成学校を卒業すれば試験なしで資格が取れる

厚生労働省の定める「保育士養成課程」を設置している保育士養成学校(4年制大学、短期大学、高等専門学校、専門学校)を卒業すると、国家試験を受けることなく卒業と同時に保育士資格を取ることができます。卒業するには、所定の科目を履修し、保育園実習(教育実習)を受けて単位認定を受けて卒業することが必要です。

 

勉強する科目は必修科目と選択必修科目、教養科目に分かれています。細かな履修内容は学校によって異なりますが、教育原理や、保育原理、心理学、表現技術(音楽、言語、造形)といった保育に関する基本的な勉強は、文部科学省の定めに従い、どの種類の学校でも行います。2年間のカリキュラムでは、1年目は基礎理論の勉強、2年目はより実践的な実習授業と振り分けているところが多いようです。

 

◎4年制大学・短大

4年制大学は、卒業までに時間と費用がかかりますが、広く乳幼児教育の方法について学んだり、心理学など保育に関連する分野などを履修して、より深く保育を勉強することができます。短期大学には2年制と3年制がありますが、近年は3年制の短大が多くなっています。4年制大学と同様、いろいろな科目を総合的に勉強できるのが特徴です。ただし、短大は短い期間でたくさんのことを学ばなくてはならないので、カリキュラムがハードになります。

 

また、大学や短大では幼稚園教諭2種免許も同時に取れるところが多いようです。大学では、小学校教諭1種免許が取れるところもあります。

 

◎保育専門学校

2年制専門学校は、学校を卒業することで資格を得るパターンの中で、最短で資格取得できるのが魅力です。大学や短大のように広く学ぶというよりは、保育の専門分野に絞って学ぶことになります。幼稚園教諭2種免許は同時に取得できません。

 

◎通信教育の学校

最寄に保育の学校がない、時間的に学校に通うことが難しいといった場合には、大学や短大の通信教育課程を修了するという方法もあります。数としては少ないですが、次の様なメリットがあります。ただし、スクーリングがある場合に指定の場所まで通えるかどうかチェックしましょう。

 

・通信制なので全国どこの学校でも受講できる

・自宅で勉強できるので仕事を持っている人でも両立可能

・通常の大学・短大に比べ学費が安い

保育士の資格が得られる学校には、実にいろいろな学校があります。期間や費用、カリキュラムもさまざまですので、よく調べて自分に合った良い学校を選んでください。


保育士の資格取得は通信講座でも

保育士の資格を取りたいと思っても、あたらめて学校に通うことが難しい人もいるでしょう。そんな人には通信という方法もあります。その内容をご紹介します。

 

◎保育士の資格を取る方法は2通り

保育士の資格を取る方法は2通りあります。保育士の養成学校を卒業するか、もしくは保育士の国家試験を受験して合格することです。この2つの方法に、ぞれぞれ通信の講座があります。

 

◎通信制大学や短大で学び、卒業と同時に無試験で資格を取得

厚生労働省が定める保育士養成学校を卒業すると、卒業するだけで保育士資格が授与されます。保育士養成学校は4年制大学、短期大学、専門学校ですが、通信制の大学・短大も含まれます。通学型の学校に比べて圧倒的に数は少ないですが、全国にあります。通信課程ですが実習はありますし、スクーリングがあるところも多いです。

 

保育士の国家試験は、平成3年から2年制短大終了程度に変更されており、最終学歴が高卒以下の人は原則、受験資格がありません。(一部、要件をみたした人には例外措置があります。)ですから、資格を取るには保育士養成学校を卒業することが必要になります。

 

通信制大学や短大の保育課程は、こんな人に向いています。

・近くに保育の学校がない

・仕事と両立したいので通学は無理

・確実に資格を取りたい

・自宅でゆっくり勉強したい

・大学・短大卒業の最終学歴が欲しい

・国家試験の受験資格がない

・保育に関わる勉強を幅広くしたい

 

◎通信教育の「試験対策講座」を受け、国家試験に合格する

国家試験の受験資格がある場合には、国家試験を経て資格を取ることができます。ただし、保育の専門知識が問われる試験で、合格率は例年10%前後と難しい試験なため、試験合格のための通信講座があります。期間は半年〜1年程度です。

 

この講座はこんな人に向いています。

・最短で保育士資格を取りたい

・仕事があるので、仕事と両立できる方法で受験したい

・受験対策をしてくれる予備校などが近くにない

・保育の専門学科を卒業していないので、基礎知識から勉強したい

・保育の専門学科を卒業したがブランクがあるので、受験が不安

・効率的に勉強して、一回で合格したい

 

◎通信教育の「受験資格取得講座」で受験資格を取得し、国家試験に合格する

最終学歴が高卒で実務経験もなく、国家試験の受験資格を持たない場合には、受験資格を通信教育で取得する方法があります。「第一学院高等学校専攻科」の「保育士専攻コース」では、2年間で9科目、36単位を修得することで受験資格を取ることができます。

 

 

大人になってから資格を取る場合には、さまざまな事情によって通学での資格取得が難しい場合も少なくありません。ですが、今は学校も国家試験も通信という便利な方法があり勉強しやすくなっています。まずは資料請求から始めてみてはいかがでしょうか。

保育士の資格は通信講座で取る!


高卒が保育士の資格を取るには

保育士資格を取得する場合、最終学歴が高校卒業である場合には、どんな方法で取ることができるのでしょうか。その方法を詳しくご紹介します。

 

◎高卒で保育士試験を受ける場合は、受験資格に注意

高卒で保育士資格を取るには、保育士の国家試験を受験して合格する方法があります。養成学校に通うよりも短期間で資格を取れる可能性があり、費用も安く済むのがメリットです。

 

しかし、平成3年4月から受験資格が変更になり、受験するには短大卒程度以上の学歴が必要となりました。つまり、4年制大学、短期大学、高等専門学校、2年制以上の専門学校を所定の単位を取得して卒業した人に受験資格があります。

 

ただし、この変更に伴い、次のような人にも依然として受験資格が認められています。

・平成3年3月31日以前に高校を卒業した人

・高校の保育科を卒業した人については、平成8年3月31日以前に卒業した人

・児童福祉施設で2年以上かつ2,880時間以上、保育の仕事に従事した経験がある人

(児童福祉施設とは、児童福祉法が定める11施設をいいます)

 

平成27年からは対象施設が広くなり、児童福祉施設以外でも法が定める14施設で2年以上かつ2,880時間以上、保育の仕事に従事した経験がある人は、受験地の都道府県知事の認定を受ければ受験資格を得られることとなりました。

 

また、最終学歴が高卒になる人としては、4年制大学を中退した人も含まれます。そのような人の場合は、大学に2年以上在学して、かつ62単位以上修得していれば受験資格が認められています。

 

◎保育士養成学校に入学して卒業する

厚生労働大臣の指定する保育士養成学校をきちんと単位取得して卒業すれば、別途試験を受けなくても保育士資格を得ることができます。時間も費用もかけられるなら、卒業すれば国家試験を受けることなく保育士資格がもらえるよい方法といえます。

 

保育士養成学校は2年以上のカリキュラムを持つ保育の専門課程を持つ学校(4年生大学、短期大学、専門学校)です。保育学科以外の大学・短大や保育専門学校以外の専門学校を卒業しても、保育士国家試験の受験資格は得られます。

 

◎通信制大学に入学して卒業する

保育士養成学校を卒業すれば無試験で資格を取れますが、実際に学校に通うのは難しい場合もあるでしょう。そんな場合は、大学や短大の通信教育を受けても同じように無試験で資格を取ることができます。自宅で勉強し、定期的にスクーリングを受けながら単位を取得してゆき、卒業すれば保育士資格が手に入ります。

 

◎通信教育で受験資格を取得し国家試験を受ける

高卒で例外措置の要件もみたしておらず国家試験の受験資格がない場合には、通信教育で受験資格を取得するという方法もあります。

 

(まとめ)

高卒でも、保育士資格を取得できるいろいろな方法があります。時間と費用に余裕がある場合は学校に通うこともできますし、受験資格をみたしていれば国家試験を直接受けることも可能です。自宅で勉強したい場合には通信教育を選択してもよいでしょう。